井戸掘りは実績のある専門業者に依頼しよう

地下水を利用するのなら

井戸

手順と流れ

防災用や工業、農業用などの目的で井戸掘りを行うケースは現代日本でもよくあります。地下水は美味しいというイメージがあり、家庭でも井戸掘りをしたいと思う人は少なくありませんが、実際はかなりの手間と費用がかかります。そのため、多くの場合は防災用や工業、農業用といった目的で掘ることが多いです。井戸掘りの手順としては以下のような流れで進むことになります。まず最初に行うのが計画を立てることです。必要水量、計画地、地使用目的を明確化します。その次に行うのが地質調査です。地下水を汲み上げられる地質なのか、地下水はどのくらいのきれいさなのか、行政的に井戸掘りが可能かなどをチェックします。このとき、地質的な条件と行政的な条件から井戸掘りが不可能と判明することもあります。条件がクリアできたと判明したら井戸の設計に移ります。使用目的や使用水量などにより設計や使用する機器などは変わってきます。使用目的にはトイレの水などの雑用水、農業用水、工業用水、飲用水の四種類が主なものであり、後者になるほど求めるレベルは高くなり必要な機器も高額になってきます。また、地質により地下水がある深さも変わってくるので、より深く掘るほど費用がかかります。地下水を確保するために設置するパイプの質によっても費用は左右されます。どのように汲み上げるかという方法でも費用は変わります。手汲み式ならば安いですが、工業用の自動で汲むタイプだと高額になります。